会社概要・沿革
企業コンセプト
事業部
環境対応
支店・営業所
アクセス
トピックス
化学の豆知識
福利厚生
 
English
 
 
 
 
  化学の単位
 

当たり前のように使ってきたさまざまな単位。しかし日進月歩の化学の発達は、日常に使う単位まで、常識を塗り替えていっています。
今までは考えも及ばなかった、小さな粒子にする技術、計測する技術、それらが様々な事柄を可能にし、日常では用いられなかった単位が一般的に用いられるようになってきています。最近、あらゆる分野で使われるようになってきた「ナノ化」という言葉も、その顕著な例といえるでしょう。それが、実際どのくらいの大きさの単位なのか….。わかりきっているはずと思いがちな、単位の大きさを時には再認識してみましょう。

 
   
 
その他の単位
 
 
約3.5kg 裸一貫って、生まれたばかりの赤ちゃんが裸で、体重が約一貫あることから、自分の身ひとつといった意味になりました。
鉄腕アトムの出力(?)は10万馬力、不通の人は最大でも6馬力程度だとか。アトムに匹敵するのがジャンボジェットで約10万馬力だそうです。
 
約3cmで、会席料理の八寸は八寸(約24cm)角の器に盛るのでこの名があるようです。赤杉の木地で作った盆に三種から五種の珍味をなどを小量ずつ盛ります。
 
“坪”は 一歩(ぶ)四方の面積のこと。
一歩=1.8m(足なが〜いですね)。1坪は3.24平方メートル。これは“一つ歩”の“歩”がなまってヒトツボというようになったとも言われてます。
 
約3.75g 今でも真珠の国際単位として残っています。もともとは、唐の開元通宝一文の重さが1文目でした。江戸中期以降、規格が統一され、一貫の千分の一、約3.75gになりました。
 
容積の単位で約180リットルに相当します。大名、武家の知行高(所領高)を表す語としての方が有名ですね。
 
 
パソコンのマウスの移動距離(カーソルではありません)を表す単位です。マウスを動かすプログラムを作成する際に使われているようです。
1ミッキーは1/100インチ(0.0254cm)です。おしゃれなネーミングですね。
古代オリエントで使われていた単位で、キュービット(cubit)は肘(ひじ)の意味で、肘から中指の先までの長さをいいました。国と時代により長さが少し異なるようで、だいたい46〜56pくらいだということです。創世記によるとノアの方舟は長さ300cubit、巾50 cubit、高さ30 cubitで、少なく見積もっても総トン数15,000トンになるそうで、ちょっとムリがあるような….。
約30.3cm 肘(ひじ)の長さが元になっています
2.54cm 寸と同様親指の巾ですが、日本人の方が親指の巾に関しては大きかったんでしょうか。
30.48cm 足(フット)のつま先からかかとまでの長さです。(ちょっと大きいと思いますが)